FC2ブログ

記事一覧

唯一、業者さんに頼む浄化槽補修。

全てたった一人でリフォームしてきたボロアパートですが、
唯一、業者さんに頼まなければならない補修が浄化槽です。
記録として一応、浄化槽の中の画像を載せますが、
モロ画像あるので見ない方がいいです。


フジクリーン工業、分離接触ばっ気型の単独25人槽。



波板みたいのが接触材でかなり変形してますが、
おそらくバキューム吸引の時に壊したんだと思います。


昔の方は接触材をハニカムと言ったりします。
ハニカムとは本来六角形の接触材のことですが、
通称として使っているみたいです。
『マイソク』みたいなもんです。



汚水です。単独なのでトイレのみの汚水てことになるので、
この茶色の水は、、、ご想像にお任せします。



鉄の蓋が割れてます。
同じ規格はないので、鉄工屋さんに作ってもらわないといけないかも。
間に合わないならケレンしてパテからの塗装ですね。



ブロワーの配管。
もともと付いてたやつの風量は分かりませんが、
業者さんは60Lでも大丈夫と言ってます。本当かね?


ブロワー代金浮かせたい方は、
下水道工事の会社に頼むと中古のブロワー貰えるかもしれません。
産廃としてまとめて捨てるので、ブロワーの在庫あることがあります。
100L以下だと3万円もしないので僕はいつも買いますけど。



踏んだら割れそう。交換します。


浄化槽っていってもただのFRPのタンクですので、
やろうと思えば補修はできるんですよ。
あとは補強のコーティングするだけなので。


ただ、ただですよ( ゚Д゚)


バキュームするとは言え、ウンコまみれで作業すんのかって話です。
ボットン便所の中を掃除できんのかって話です。


『50万円払うからお前にウンコ投げつけさせてくれm(*_ _)m』
なんてお願いされても多分、断りますもん。
『誰がするんだそんなお願い』って話ですけど。


ざっくり試算してみましたが、
ウンコまみれになってDIYしたところで、費用対効果は低いです。
バキュームしてもらうだけで5万円前後。
接触材やらコーティング材やらもろもろ足していくと、
手間を考えると業者さんに任せるの一択です。


まぁ、浄化槽をDIYで修理しようなんて考える変態さんはいないと思いますが。



不動産投資ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント