FC2ブログ

記事一覧

犯人は脱衣所だ!


ここは売れもせず貸せもせず、どうしようもなくなってサブリースを頼まれた物件です。



久々見ました、単相二線式!



屋根と外壁塗装はキチンとしており、内装も補修跡が各所に見られます。物件に愛着をもっていたのがわかります。



床下のシロアリ被害は無かったのに、2階の畳を上げたらシロアリの跡だらけ。普通は床下に被害があり2階の被害は少ないです。謎です。謎すぎます。





名探偵のコナン君に解決してもらいます。




「2階がシロアリ被害、、、1階は無傷か、、、」



「なるほどな。」



「麻酔銃で眠らせてっと、、、」



「犯人は…脱衣所ですよ、目暮警部!!」



「ハハハハ、この毛利小五郎にかかればチョロいもんよ!!」



To be continued...





コナン君によると、湯上がりの蒸気で二階の木材がふやけてシロアリ誘発したそうです。



脱衣所兼洗面所の電灯です。しっかりと蟻道があります。


1階が無傷で被害が2階のみってことは、おそらくヤマトシロアリです。
こいつらは巣と被害箇所を兼ねることが多く、2階のどこかに巣があるはずです。昭和の鉄骨造は空洞が多いのでヤマトシロアリにとっては巣を作りやすい構造になってます。


まぁ、どこにどんなシロアリがいようとやる事は変わりません。
巣を駆除して薬剤を撒き、蟻道に成長阻害成分のあるエサを置いておくだけです。シロアリは冬場はほとんど活動しないので慌てずに、先に人が住める環境を整えます。



まずは開かない扉を削って、



無駄にシステマチックな鍵の修理。



気になるところの掃除をして作業終了。


シロアリ関連のDIYはコスパ超優秀です。
コストは1、2万円ってところです。
築古物件持ってる方は、物件を知る意味でも一度は自分で施工してみても良いかもしれません。


プロでも巣を見つけて完全駆除するのは難しいので、蟻道を見つけたからといって焦る必要はありません。被害箇所は補修すれば良いだけです。


僕は会社員時代は大阪に住んでいたので分かるのですが、
関西圏のシロアリ関連グッズのオススメホームセンターは、





コーナンです(*´▽`*)




不動産投資ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント