FC2ブログ

記事一覧

コロナは歴史と伝統をも吹っ飛ばす。



「賃料免除の要請をして、通らなければ夜逃げ同然で解約通知を送り付けてきた」というジャンカラは、カラオケ歌広場とよく間違われる。





ロゴも営業形態も似ているけど、両企業の創業者は兄弟で、歌広場は東日本、ジャンカラは西日本と棲み分けしているそうです。仲が良いのか悪いのか。



歌広場を運営するクリアックスグループは、『伊藤園ホテルズ』という格安ホテル業も展開している。きっかけは倒産して競売にかけられたホテルを買収したのが始まり。



伊藤園ホテルズを利用したことあるけど、クソみたいな料理にクソみたいな接客で、「二度と泊まるかクソッ!」と捨て台詞を吐いてホテルを後にしました。日本の『おもてなし』は一切感じられず、さすがは在日企業だな、と感心した覚えがあります。




ホテルや旅館が競売にかけられるのは珍しいことじゃないけど、コロナ禍で件数は一気に増えそう。





鹿児島県薩摩川内市で創業134年の老舗旅館『安藤会館』がコロナでトドメを刺され、競売にかけられていました。近年は県外資本のホテルチェーンとの競争に晒されていたとは言え、コロナは歴史や伝統までも簡単に吹っ飛ばすようです。



売却基準価額4556万円で一度流れて、今回は売却基準価額3189万円。立地は良いけどホテルとして使うには無駄が多すぎる造りなので、今回も入札はないでしょう。




固定資産税は178万円。反吐が出そうな金額。





築33年でも建物の固定資産税評価額は1億円を超える。2000万円を切ってようやく買い手が現れるだろうというくらいですので、固定資産税評価額というのがどれだけ市場価格と乖離しているかが分かります。





近くには小さな飲み屋街があります。許可が下りるなら1階はキャバクラ、2回は風俗みたいな風俗会館として再生すれば話題になりそうです。




東都大学が倒産したホテルを買って新キャンバスにした、というニュースがありました。これからは思いもよらない柔軟な発想で建物を再利用して、イニシャルコストを抑えるやり方が増えそうです。




セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポンズケースケ

Author:ポンズケースケ
・鹿児島県在住、30代♂
・ADHD、ASD、双極性障害の診断済み。
・会社員をリタイア後、大家業。
・物件買付、リフォーム、客付け管理ま  で一人でこなす。
・仕入れ先は主に競売。