FC2ブログ

記事一覧

鹿児島県はコンパクトシティ化の先駆け。



転勤で鹿児島に来た福岡の方から、「鹿児島って家賃高いよね」と言われたことがありました。平均的な家賃はもちろん福岡の方が高いのですが、「ど田舎にしては」という意味でしょう。





面積が広く離島もある鹿児島県の人口は160万人。そのうち約4割の60万人が鹿児島市に住んでいる。鹿児島市の家賃は自ずと高くなる。



鹿児島県は北海道に次ぐ農業大国で山も多く、農村は不便すぎて反吐がでる。結果、鹿児島市に60万人が居住しているわけだけど、これはコンパクトシティ化の先駆けとも言える。





山や農地が多いと新しい街はなかなか作れず、人口は自ずと集約される。歴史的にコンパクトシティ化しやすい条件が整っていたとも言える。



人口が減る国ではコンパクトシティ化は必然。インフラ費用を圧縮できるし、買物難民の救済ともなる。無駄な公務員も削減できる。災害に弱い地域から人を移せる。メリットだらけで統治するにはとても効率が良い。





コンパクトシティ化でしばしば問題となるのが渋滞だけど、鹿児島市は市電(電車とバスの中間みたいなもん)が街を網羅しており、渋滞緩和の要因となっている。市電のせいで長い信号待たないといけないこともあるけど。




コンパクトシティ化による最大の問題は、人間が密集して生活することによる疫病や伝染病の蔓延。まさに今、日本や中国で起こっていることです。



生態系において増えすぎた個体は淘汰されるのが地球の宿命。恐竜、オオカミ、シカなど。ウィルスは増えすぎた人類の自然淘汰かもしれない。僕は中国のバイオ兵器漏洩説を支持してますけど。





コロナ蔓延の最中、我が国の偉い人達は、オリンピックが中止になるかどうかに関心があるようです。運動会がそんなに大事なイベントだとは知らなかったです。



僕はオリンピックなんて1ミクロンも興味ないし、開催しようがしまいがどっちでも良いです。知らん人が他の知らん人より0.1秒早く走ったからって何が面白いのか。それでも原チャリ乗った僕より速くは走れんのでしょう。





冬季オリンピックの『女子フィギュア変顔』は毎回、楽しみにしてますけどね。



今年ダメなら1年ずらせば良いだけではないのか。こんだけ問題が噴出するなら、いっそしない方が良いのではないか。パンデミックの危機を前にしてオリンピックの心配をするのは、運動会の前日にてるてる坊主で開催を祈る小学生と精神年齢は同じではないか。




10年ほど前、看護師の彼女に誘われて老人ホームの運動会に行ったことを思い出しました。知り合いもいない老人ホームの運動会なんか行きたくなかったけど、優しい男を演じて渋々行ったんです。



車椅子の老人が玉入れをしてたんですけど、籠を低くしているにも拘わらず玉は届かない。結局、籠に入るのは付添いの職員が投げた玉だけ。認知症の方は玉を介護士に投げつけている。ご老人はお疲れの様子で全員が無表情で決して楽しそうではない。一事が万事そんな感じ。



僕は盛り上がりに欠ける運動場の片隅で、「誰の為に、何の為にやっているのだろう」と疑問に思ってましたが、運動会の開催にあたって病院グループが寄付を募っていたとの話を聞いて、なるほどと納得した事を覚えています。



今も鹿児島の片隅で思ってます。オリンピックは誰の為に、何の為にやるのだろうと。ウィルスが蔓延している国で、ウィルスを世界中にばら撒く可能性がある行事をやる必要はあるのかと。経済効果と言いますが、ブラジルやギリシャはオリンピックのせいで財政難となったように、儲かるイベントではなさそう。



まぁ、だからどうしたってこともないんなんだけど。




セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント