FC2ブログ

記事一覧

どこにも行けないどこでもドアは必要ないから再考を迫られる。



壁崩落戸建は土壁なんですけど、





1階は樹脂の入っていない新築の時からのもの。気が付いたらボロボロ剥がれ落ちてます。





バランス崩して「おっとっと」で手をついたらボコっといくほど貧弱。





2階の土壁は比較的新しい樹脂入り。一度、リフォームしているようです。




ただ、それでもポロポロと剥がれます。



手で削ると永遠に剥がれ落ちてくるので、試しに石膏ボードで隠蔽してみます。






壁を切り裂いて石膏ボードを留める横胴縁を確認。築古は横胴縁や間柱がズレてることも多いので注意。センサーもあまりあてにならない。





こいつをはめてみたけど、





どこでもドア感つよめ(笑)




これに壁紙貼るんだけど、なんかしっくりこない。柱との段差も中途半端だし、ボード乗せてる畳寄せが斜めってて、ピッタリに施工するのがすこぶる面倒くさい。しかも階段で2階に上げる時に何ヶ所か削ってしまった。





ちょっと考えたのは、壁紙なしでOSB合板をビス留めしてそのまま仕上げる方法。



それか柱に面合わせてパテ埋めして柱ごと壁紙貼るか。これだと合板の厚みが必要で費用も嵩む。ならば安いベニヤ探して貼るだけにするか。土壁が崩落してベニヤが膨らんだりはせんのやろか。



触らないはずだった2階の壁で足止め喰らってます。まだまだやらなきゃいかんことたくさんあるのに。ついでに知り合いの和室フローリング化とシロアリ駆除も安請け合いしてもうた。



築古のDIYリフォームはホント、終わりなき旅です。



セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント