FC2ブログ

記事一覧

築古の塗装、入居者さんとの関係(自主管理ver.)

森の中の戸建ての横には築古戸建てが1軒あります。入居者は塗装屋さんなので荷物や資材がたくさんあって、物置きに使ってます。





一応、電気水道は通っていて、住もうと思えば住める。





塗装屋の入居者さんが余りの塗料で外壁と屋根を塗ってくれました✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。





剥がれた外壁も、





綺麗に貼ってくれてます。





さすが丁寧な仕事です。





軽トラがギリギリ通れるくらいのけもの道を、





均して2トン車が通れるくらいまで拡張してくれました!





胆管パイプで組んだ作業場。





置き場にでもするんでしょうか。





居住物件の外壁も塗ってくれんかな(笑)誤発注でピンクの塗料が余っていると言っていたので、最悪、真っピンクでもいい!塗ってくれ!




神経質な人だと小事でいちいち連絡してきますけど、多能工の入居者さんなら自分で補修リフォームしてくれるのでありがたい。まぁ、簡単な補修で連絡きたら、入居者さんに「知るか。自分でしてよ。」と言い放つこともありますけど。簡単な補修でいちいち出動していたら自主管理だと死ねます。



家主が『借りてもらってる』というマインドだと足元見られますので、バランスが大事かと。入居者で簡単にできる作業であればやり方教えるなどして調教しなければなりません。低所得者や公務員は特に、コスト意識が低く、『やってもらって当たり前マインド』も多いですから。



例えば『ムカデ駆除に5000円かかったなら同額を今月の家賃から差っ引きます。』みたいなのは自主管理ならではの解決方法。過去には水栓の交換方法を印刷して送り付け、入居者さんに交換してもらったことも(笑)



「嫌なら出てけ」と言ってしまったこともありますが、条件の良い戸建てならなかなか出ていきません。かといって入居者さんが『貸して頂いている』と思うのも何か違うし、時代にそぐわない。



『関係は対等で良好に、言うべき時は言う』のが、自主管理では大切なのかと思います。




セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポンズケースケ

Author:ポンズケースケ
・鹿児島県在住、30代♂
・ADHD、ASD、双極性障害の診断済み。
・会社員をリタイア後、大家業。
・物件買付、リフォーム、客付け管理ま  で一人でこなす。
・仕入れ先は主に競売。