FC2ブログ

記事一覧

技術不足により金物でガッチガチやぞ。


腐食した浴室周りの土台。



ビフォー



アフター。M12ボルトで300mm短冊を両側から締め付けてます。




ビフォー


アフター。
縦横ボルトで補強。思い切り足刀蹴りしてもビクともしなかったので大丈夫でしょう。




ビフォー


アフター。鋼製束で補強。




ビフォー


アフター。柱は弁慶くんで補強。




ビフォー


アフター。火打ち金具で補強。




ビフォー


アフター。浴室入り口は最も腐食しやすいので、太めの木材をかませました。木材には防腐塗料を2度塗りしてます。




ポイントを鋼製束で補強。


束石にアンカーボルトで留めてます。


ビスで留めるのを忘れないように。



技術と時間があればほぞ加工もしたかったですけど、どちらにしろ金物で留めるのでさほど違いはないかと。ただし、一連の作業は自己流なのでマネはしない方が良いです。


強度は問題ないか逐一チェックしたり、不安になってこれでもかと金物で留めたり、技術と経験の不足を再確認しきりの作業内容となりました。


費用ですけど、計算するのもバカらしくなるほど安いです。木材は余り物、金物は100円とか200円、ボルトも2~30円とか。鋼製束が300~500円くらいでしたかね。木材を購入したとて1 万円も掛かりません。




同じ補修が近くの工務店の見積もりでは275000円也。


まぁ、金額は妥当ですけど、こんなヤル気のない見積もり送りつける業者は付き合わない方が無難。しっかりとした工務店なら資材や処分費など細かく見積もり上げてくれますのでね。



セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント