FC2ブログ

記事一覧

平面アンテナ取付け。


八木式アンテナが2つある。上のアンテナからこちらにケーブルが繋がっている。



お隣さんの車庫に鉄柱を立ててアンテナを設置していた模様。


お馴染みの魚の骨は『八木式アンテナ』という。異名は他にもあって八木・宇田アンテナとかVHF・UHFアンテナとか呼ばれます。



倉庫にあったDXアンテナ。今どき八木式なんて使いません。



アンテナの箱が猫にやられてましたが、全く関係ないしどーでもいい事でした。



まずは感度チェック。問題なし。分かりづらいけど画面は相撲中継。
あとはレベル見ながら外壁か手すりに取り付ければ良いだけで、なんなら室内でも良い。




「よく出来たな!」



ふっくんに褒められた!と思ったら、変なメガネの哀川翔さんでした。



今回のDXアンテナはAmazonで7000円弱。八木式なら価格は半分で済むけど、屋根に登ったり鉄柱が必要だったりと設置費用がかかるので、新しく取付けるなら平面アンテナがオススメ。


平面アンテナなら誰でも取付け出来るし、場所によっては室内でも問題ない。スタイリッシュな外観で台風で倒れる心配もないと、メリットだらけ。唯一のデメリットは八木式より受信感度が下がることだけど、気にするほどではない。




レベルは八木式92。誰だこのゴージャスババアは。



平面アンテナ87


60以上あれば問題なく映るので、アンテナ感度はかなり良好。



なぜなら遮る物が何もないから。天高く馬肥ゆる秋の空。




なんなら今の時代、入居者によってはアンテナの取付けすら必要ない。実際、所有物件の一つはテレビが観られず、入居者さんは「観ないからいらない」と言っている。



悪戦苦闘してNHKの集金人を撃退する必要もないので、アンテナ付けないのが主流になるかもしれませんね。




セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント