FC2ブログ

記事一覧

カッティングシートの貼り方。


アルミテープの残滓が残るキッチンカウンター。



こちらはカッティングシートで隠蔽したようですが、それが劣化でボロボロ。
スクレーパーである程度綺麗にしてから再びカッティングシートで隠蔽。



隠ぺいに次ぐ隠ぺい。三菱自動車かよ。今後も精進して隠ぺいしていきます。国交省、金融庁、公取委は総じて管轄外なんで、僕には手出しできません。




こちらはアサヒペンの『スーパーメイクアップシート0.9✕15m』2700円。信頼のアサヒペンは丈夫で使いやすく、コスパ良すぎて泣けてくる。



カットは壁紙と同じ道具を使用。
細い壁紙用のカッターは必須。竹べらは無けりゃ箸でも良い(笑)



スキージーはこのままでは使いにくいので、



タオルを巻いてお腰に付けたきびだんごのように。



接着を良くするためプライマーもあればなお良し。



まずは位置を固定。



裏紙を引っ張りながら空気が入らないようにゆっくりと貼っていきます。内から外が基本ですね。



どうしても空気は入ってしまうので、水膨れのような空気包はカッターで穴を開けて潰せば問題なし。ダイノックシートならこんなことにはならない。



下地をしっかり均さないと、赤丸のようにデコボコに。今回は下地処理はスルーしたのでこれくらいは想定内。



基本的には壁紙貼るのと同じ作業。



とにかく空気が入らないようにスクレーパーや指で押しつけながら貼っていく。出隅は特に慎重に。




カッティングシート同士の重なりは近くで見ないと分からないです。



こーゆー捲れやすいところはプライマーをしっかりと塗布。プライマーを塗布して貼り付けたら粘着力強すぎて、剥がす時に伸びてしまうのでもう貼り直しは出来ない。一発勝負。



ちなみに今回、一回だけ失敗してしまいました(ฅ∀<`๑)てへっ♡気にしない気にしない。




出来ました(๑˃̵ᴗ˂̵)و 



ついでに木枠にも貼れよ、と自分でも思いますが、それをやると全部の木枠をしないといけなくなるのでシカト。



キッチンのカウンターくらいなら100均のシートでも充分ですが、やはり破れやすく剥がれやすい。


カッティングシート界最強と言えば種類豊富&丈夫&貼りやすいでおなじみの『3M ダイノックシート』ですが、いかんせん高い。122✕100cmで6000円とかします。15mなら90000円。こんなん失敗したら3時間は立ち直れない。



コスパを考えるとアサヒペン一択です。



セルフリフォームランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント